Park Side Hygge

幸せってなんだろう?豊かさってなんだろう?雑記ブログでテーマは色々だけど、そんな問いを含んだ方向で書いています。 きっと今は、そんな問い直しをする時期なんだと思うんです。

Hygge?

simple,natural,smile,cocoa,chocolate...

HYGGEとDIY

一時期すっごくDIYにハマっていて、植物棚とか本棚とか自分で作っていました。

最近はすっかり熱が冷めてしまっていたのですが、別分野でのDIY熱が再発しました。

 

『おかし作り』です。

今日はクッキーを焼いて食べました。

 

f:id:shun0524:20180213231051j:image

 うまい。

 

HYGGEとDIYは切り離せないものだなと最近思います。

僕たちは完成した商品を買うという構造に慣れて過ぎてしまっているけど、材料だけ調達して、それを自分で加工して何かを完成させるという作業は非常にクリエイティブだなと。

 

DIYの目的は、『(自分でやることによって相場より安く)欲しい品物を手に入れる』というより、『自分で作り出すという過程』自体なんだと思います。そこにワクワクするし、イメージを膨らませたり、試行錯誤することが楽しい。

そしてDIYすると、大抵『プロっぽくない』ものができる。そして僕はこの『プロっぽくないもの』に何となく温かみというか、嬉しさを感じるように思える。この気持ちは何だろう。

 

そういえば『料理』というのも1つのDIYだと思う。

お腹を満たす美味しいものを作るのが料理の目的だと思うんだけど、作っている過程でそれ以外の『何か』が必ずあって、それで満たされている部分がある。 

だから、セブンイ○ブンの惣菜はとても美味しいらしいのだけど、それを買ってきて食べてしまうのは個人的に『違うな』って思ってしまう。なにが『違う』のかはうまく言えないのだけど。

 

f:id:shun0524:20180213232542j:image

 嫁が買ってきたディズニーのクッキー型で焼きました。

 

自分で作ったものには、不思議な美味しさがあります。

そして『ああ、ここはオーブンの真ん中にあったからよく焼けているのかな?』とか『白い部分と茶色い部分では味が違うのかな?』とか。その辺で買ったクッキーを食べるときには絶対考えないようなことを考えています。

 

プロセスを楽しむことの重要さを、DIYは思い出させてくれます。