Park Side Hygge

幸せってなんだろう?豊かさってなんだろう?雑記ブログでテーマは色々だけど、そんな問いを含んだ方向で書いています。 きっと今は、そんな問い直しをする時期なんだと思うんです。

Hygge?

simple,natural,smile,cocoa,chocolate...

人生の(個人的)真実についての話

壮大なタイトルになってしまった。

でもこれは大事なことだと思うので。

 

これから話すことは全く同意できなくても構わないです。僕が勝手にそう思っていることだから。極めて個人的な話で、僕にとっての真実であって、多分それは絶対的な真実とはあまり関係がないから。

 

f:id:shun0524:20171206114754j:image

この間のスーパームーン。

 

まず僕は、この地球で何をしているのだろう?

 

なんという大きな問いだろう?でもそこから始めなければいけない。脆い土台の上に築かれた建物はいつだってすぐ崩れるのだ。

これについて僕は多くの知的な答えを持っている。

遊ぶためとか、愛を学ぶためとか、相対性の世界で絶対性を知るためとか。。。

 

では自分の心はなんと言っているか?

感じてみたところたどり着いたのは、『気づきを得て、それを体系的な知識へと統合する』ためだ。

飽きっぽい人間だけど、これだけはいつも心のどこかにある気がする。

 

街で僕のことを見かけたら、『あ、気づきを得て、それを体系的な知識へと統合したがってる人が歩いてる』と思ってもらって大体間違いない。

 

『気づきを得て、それを体系的な知識へと統合する』とはなにか。

ざっくりいうと

『あああ!そういうことだったのか!!』

『ということはこれはこういうことなのかもしれない!』

である。

 

 

僕は『あああ!そういうことだったのか!!』という経験が好きだ。

そして『ということはこれはこういうことなのかもしれない!』という経験も好きだ。

 

だからといって趣味はなんですか?と聞かれて『そうですね。。。気づきを得ること、それを体系的な知識へと統合することでしょうか。。』(メガネクイッ)とか言ったら一発でアウトである。

 

ただの変態である。I am Japanese Hentai.haha.

 

だからそんなことはしないようにしているのだけど。

 

 

そういえば、いい仕事をしている人は変態を自称していることがしばしばある。

 代表的なのは『片付けの変態』というこんまりさん。

彼女らの『変態』という一種自虐的な言葉の中に『私は自分が大好きなことを知っている』という誇らしさを感じずにはいられない。 

 

そんな隠された変態性(?)が僕らそれぞれに眠っていて、それを発揮することで世界はより良いところになるんじゃないかと勝手に思っている。

 

話が逸れてしまった。

そんなわけで僕は『気づきを得て、それを体系的な知識へと統合する』ことがとても大切で重要なことだと思っているみたいなのだけど、同じように地球上だけでうん十億通りの人々がそれぞれ違った、そのような大切で重要なものを持っていると思うと畏敬の念が湧いてくる。ヤバくないですか?

 

 

僕らの心には壮大な世界が広がっていて、それぞれの真実がそこにある。

そう、(個人的)真実はその人の数だけ存在して、全ての人が違った世界を見ている。似ているものも、全く違ったものもあって。。。

視点の数だけ世界が存在する(!)

それは一つ一つが違っていて、ユニークなモノで。

そんな自分自身の真実を大切にすることで、他人の真実にももっと敬意を持てるようになるのだと思う。

 

古代ギリシア・デルフォイ遺跡の神殿には『汝自身を知れ』という言葉が刻まれていた。 

『自分探し』という言葉は否定的なニュアンスで使われることが多いけど、それはやり方や方向性の問題であって。正しい意味で『自分自身を知る』ことは、自分自身の真実を発見することであり、それはやはり重要なことだと思うのです。